株式会社 山本製作所

株式会社 山本製作所|文字板、ダイヤル製造、
プリント基板、金属加工、めっきなど表面処理

 

お問い合わせ

 

事業内容

各種製品の製造及び販売


(高密度高多層プリント基板)
コンピュータ、大型ネットワークサーバー・ルーター
・ICテスター・通信・基地局
・光通信・交通システム・ビルシステム


(腕時計外装品)
腕時計文字板及びケース


(金属加工)
精密部品・金型・各種工業用品


(各種部品加工)
表面処理・めっき、
電鋳加工及び製造販売
 

 

HOME»  ダイヤル部門»  ダイヤル製造技術のご紹介・お問合せ

ダイヤル製造技術のご紹介・お問合せ

 

高級腕時計の製造に用いる『表現力』をあなたの製品へ

山本製作所は昭和20年の創業以来、約70年に渡る腕時計の文字板づくりを通して培った、「電鋳技術」を中心とした多彩な加工技術で、様々な製品に新たな『表現力』を加えます。

【加工例】

     

様々な製品の加工に関するご相談を承ります

「電鋳技術」を主体とした文字板加工技術をあなたの製品に活かしませんか?当ページをご覧頂き興味をお持ちの方はフォーム又はお電話にてお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら

 

 

電鋳について~高級感を作り出す 精緻な表現力~

電鋳加工のイメージ

電鋳技術の概要

 

・電鋳技術とは水溶液中の金属イオンを原型マスター(母型)上に析出させる技術です。この技術を用いる事により、マスター盤の形状や表面の凹凸をサブμmレベルで忠実に再現した様々な金属部品を作成することが可能です。

 

・当社ではこの精緻な加工が可能である電鋳技術を利用し、豊かな表現力が求められる高級腕時計の文字板用パーツを作成しております。

 

・電鋳技術を繊細な表現力が要求される高級文字板づくりに利用するためには、「原型マスター製作力」が重要です。

 

当社では(長年)培った多彩な原型マスター加工技術と、熟練した「職人」の手による仕上げ加工技術を組み合わせることにより、「精緻」かつ「表現力豊かな」製品を生み出しつづけております。

 

 

加工サンプル

 

電鋳

 目付けされた金属に、タコ印刷を施し、電鋳めっきしたマスターを元に作製した文字板。

 

 機械加工により、マスターを作製し、インジェクション成形品に電鋳めっきをして、裏面を切削して、金メッキした文字板部品。

 

金属マスターに目付を施し、サークル状に溝加工をして、一度ここで電鋳めっきをし、転写されたメタルに、ダイヤカットでピアジェ加工をしたマスターで、成形品を作製し、さらに電気めっきを施した文字板。

 

電鋳

金属マスターに目付をし、図の様に部品を植え込み、そのまま電鋳をして転写する。転写されたブランクを、再度電鋳をして、成形スタンパーを作製して、成形プラに電鋳をして、文字板として完成させた製品。

 

 

加工技術のご紹介

電鋳技術

当社の電鋳技術を用いる事により、金・銀・ニッケル・ロジュ-ム等の金属をお好きな質感に加工する事が可能となります。
 

電鋳品製造の流れ

3D CAD・CAM
3D CAD・CAM

 

マシニングセンタ-
マシニングセンタ-

 

銅電鋳メッキ浴
銅電鋳メッキ浴

 

マスターの作製

電鋳技術

 

electro-casting

 

電鋳技術

鏡面仕上は、ハ-ドウッドの先端を0.5mm~1.0mmに平たく研ぎ澄まし、研磨剤を徐々に細かくしながら磨いてゆく。
10時間以上かかる場合もある。

 

電鋳型(マスター)の加工は、マシニングが主体ではあるが、仕上げは熟練した職人による手仕上げで行う。加工後のバリ処理、曲線部分の鏡面仕上等は、集中力と根気が必要となってくる。この仕上がり如何が製品の完成品質に大きく影響を及ぼすので、長年の経験とセンスが要供される。

 

印刷技術

パット印刷手法による繊細な印刷が可能です。また、スクリ-ン印刷での広範囲の色調表現にも対応できます。

 

メッキ・塗装技術

装飾メッキと塗装を組合わせる事により、無限に広がる多彩な色彩表現が可能です。
 

 

メッキライン
メッキライン

 

クリ-ンル-ム塗装室
クリ-ンル-ム塗装室

 (クラス 10000)

   

 

微細なカット加工技術

単結晶のダイヤモンバイトを使用した多面カットにより、目の覚めるようなMR品質を醸し出します。

また、ヘア-ラインやホ-ニング等の表現の組み合わせも魅力です。